いじめ調査

近年、子どものいじめは陰湿かつ巧妙になってきており、学校では先生の見ていない場所や休み時間等で行われたり、登下校時に大人の目の届かない所で行われたりします。また最近の子どもは手加減を知らない子どもが多く、暴力がエスカレートし最悪命を落としたり、仲間外れにしてそのことがトラウマになり登校拒否になったりする事もあります。
子どもはいじめられている事をなかなか親に話そうとしません。いじめの芽を摘むには早期発見が非常に重要です。少しのサインも見逃さないよう注意し、体にあざが出来ていたり、「学校に行きたくない」と子どもさんから言われた場合は、至急当社までご連絡ください。

「いくらいじめられてもいじめられている事は親には話せない。
何故なら親が心配する姿は見たくないから…」
いじめられている子の殆どが心優しく自身がいじめられている事を
自ら話そうとしません。
お子様の少しのSOS を見逃さないでください。

このウインドウを閉じる